安心のためにリスクを認識しよう

かつては、家賃収入を得られるのは地主や大屋さんという一部の人達だけでしたが、現在はファンドを通じて誰でも不動産への投資ができるようになりました。銀行や証券会社を通じずに投資できる物件やファンドも多いため、選択肢は非常に豊富ですが、注意しなければならないこともあります。 ほとんどの物件は安心して投資できるものですが、絶対に安全というわけではありません。銀行の預金の場合は1,000万円までの元本と利息は保証されますが、株式や不動産は資産価値がゼロになってしまうこともあります。だからこそ利回りだけを見るのではなく、どれくらいの損失ならば許容できるかという「リスク」を認識することが大切です。同時に、「絶対に儲かります」という勧誘にも気をつけてください。

具体的にどのように投資するのか

先ほどもお話したように、不動産投資の方法は多様化しています。まずは、物件に直接投資する方法です。資金に余裕がある方であれば、アパートを建設して集金などを管理会社に委託するという手法が一般的になっています。手元にお金がない一般の方であっても、銀行から融資を受けて物件を購入することが可能です。 さらに気軽に不動産投資を行えるものとして、ファンドという形式も主流になりつつあります。これは不動産を証券化して複数人で共有するものですから、一般の投資家にリスクを分散化の手段を提供してくれるものと言えます。多くのファンドは投資会社の募集に応じなければ購入できませんが、株式市場に上場されている不動産ファンドなら、証券口座を通じて好きな時に売買することが可能です。

© Copyright Investment Property. All Rights Reserved.