有資格者などの専門家

不動産投資に関して悩んでいる場合は、有資格者などの専門家に相談します。不動産鑑定士などの資格を有していればその道の知識は十分にあると考えて間違いありません。その専門家に、悩んでいる状況を吐露すると様々なアドバイスが返ってくるのでそれらを参考にして行動するのも悪くありません。 ただ、専門家の言葉のみを頼りにして行動や決断をするのは時期尚早です。確かに有意義な言葉かもしれませんが、結局投資は全て自分の責任なので自分が納得したタイミングで行動しないと後悔します。専門家の行動通りに行動したら失敗したなどと言っても専門家は困るだけですし、損害賠償も追及できません。本当に相手に親身になれる賢い専門家の見極めは大切です。

知人・友人などの経験者

もし知人や友人に不動産投資の経験者がいたら積極的に相談したいです。ある程度顔を知っていれば親身になってより深い話ができますし、失敗談やお得な話などもできます。ただ、アドバイスが外れて関係性が険悪になる可能性も否定できないので断定的な表現は避けたいです。 損失が出ても個人の責任という前提を崩さないことが大切で、成功しても失敗しても何百万円というお金が動くのが投資の世界です。成功したらお礼をする程度の約束なら構いませんが、基本的には全て自己責任です。 知人や友人も投資で失敗した経験はあるかと思います。初めから最後まで成功を続けるというのは非常に困難です。なぜ失敗したか、そこからどう立ち直ったかという点も大切です。

© Copyright Investment Property. All Rights Reserved.